ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

長野県「インフルエンザ流行」過去10年で最も早く! 

テーマ:お知らせ

 長野県は「インフルエンザ流行期」が過去10年で最も早い流行入りとなった。
 13日、感染症情報で「4日から10日(第36週)」のインフルエンザの定点あたり患者数が「2・27人(定点88カ所、患者数200人)」になったことから、インフルエンザが流行期に入ったと発表した。 

 インフルエンザの流行期の目安は、定点あたり1・0人以上とされ、前週の第35週も1・18人だったことから、2週連続して目安を上回った。

 昨年度の流行入りは、12月26日から1月1日の第52週から。
 令和3、2年度はなく、令和元年度は11月11日から17日の第46週だった。
 流行のピークは例年だと1月下旬から2月上旬。

 全国的には昨年の12月19日から25日の第51週に流行期入りした後、定点あたりが1・0人を下回っていないため、流行が継続している。

 県では「かからない」「うつさない」よう十分注意し、体の抵抗力を高める「十分な休養や栄養の摂取」「咳やくしゃくみがある場合のマスク着用」「発熱など体調が悪い場合に外出を控える検討」「ワクチンの接種」などを呼び掛けている。