ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田地域の華道16流派が一堂に作品を展示する「上田華道協会展」2023(16日まで・上田市中央公民館)

テーマ:お知らせ

【華やかに作品が並ぶ】

 上田地域の華道16流派が一堂に作品を展示する「第27回 上田華道協会展」が16日まで、上田市材木町の市中央公民館3階で開かれている。
 15日に作品を入れ替えて合わせて141点を展示する。

 会場はたくさんの花に彩られて華やかな雰囲気。
 作品の前に立ち止まってじっくりと鑑賞する来場者でにぎわっている。

 会長の佐藤貴子さん(同市上田)は「明るい色調の作品が多く、力作ぞろいで見応えがある。現代華や古典華など多彩な作品が並んだ。花を見ると心がなごむ、気軽に花に触れるきっかけにしていただけたら」と来場を呼びかける。

 作品を展示した池坊の宮嶋千春さん(東御市和)は「器との調和を考えて花を選び、アンスリウムを引き立たせるように枯れたキウイの蔓を配した」という。

 友人の作品を見に訪れた市内の70代女性は「みんな素晴らしい作品ばかり。上田にこれほどの流派があると知り驚きました」と話していた。

 入場無料。
 展示時間は、午前10時から。
 14日は午後3時半、15日は午後5時、16日は午後4時まで。