ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

丸子水彩画クラブが「作品展」(27日まで・上田市の社会福祉法人まるこ福祉会の「サロンあったかい輪ギャラリー」)

テーマ:お知らせ

【作品を見る講師の小林さん(右端)ら】

 丸子水彩画クラブ(吉田昌紀会長・9人)は、27日まで上田市長瀬、社会福祉法人まるこ福祉会のサロンあったかい輪ギャラリーで「作品展」を開いている。

 毎月1回の例会では、野外に出て写生に取り組んでいる。
 ヤマツツジに彩られた市内の御屋敷公園や塩田平あじさい小道、佐久市の種畜改良センターなどで描いた「透明水彩」の作品27点を展示した。

 モミジが色づく「小諸大手門」などを発表した上田市小牧の松木真知子さんは「にじみやグラデーションを生かした透明感のある絵を目指している。水彩は居間のテーブルでも、すぐに広げて描けるのがいいところです」と話す。

 講師の同市下丸子、小林幸雄さん(71)は「会員は構図のとらえ方やメリハリのつけ方がうまくなり、対象物をきちんと描写できるようになってきている」と評価する。

 入場無料。
 展示時間は、午前10時から午後4時まで。
 最終日は、午後3時半まで。
 土、日曜日は休館。