ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

東御市や上田市などの写真愛好家がつくる「写団SFC」が「ちいさなちいさな写真展」2023(29日まで・東御市常田の市文化会館)

テーマ:お知らせ

【力作が並ぶ写真展】

 東御市や上田市などの写真愛好家がつくる写団SFCは29日まで、東御市常田の市文化会館で、第25回「ちいさなちいさな写真展」を開いている。

 同会は毎月1回、市内の田中公民館で例会を開き月間賞、年度賞などを決めて切磋琢磨している。
今展では会員20人が身近な自然や野鳥など近作40点を発表した。

 同市常田、三井忠さん(88)の「夕暮れの河口湖」は黄昏に美しいシルエットを浮かび上がらせる富士山をとらえた。
 60代で写真を始め、一貫して富士山と鳥を追っているといい「霊峰富士には四季折々の顔がある」と話す。

 「天空の芸術」を展示した同市八重原の滝澤英雄会長(80)は「自宅近くで空を見上げていたら二重の虹が現れて、これはと思ってシャッターを切った。写真をやっていると2度とない瞬間に巡り合える。それが面白い」という。

 展示時間は、午前10時から午後5時まで。
 最終日は、午後4時まで。