ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

長野大学教育改革シンポジウム「情報系学部の設置構想と次代を生き抜く人材育成」(26日・上田市の長野大学)★参加無料 ★事前申し込みで先着順。

テーマ:お知らせ

 上田市の公立大学法人・長野大学は26日午後1時から、長野大学教育改革シンポジウム「情報系学部の設置構想と次代を生き抜く人材育成」を学内9号館3階リブロホールで行う。
 参加無料。定員200人。★事前申し込みで先着順。

 長野大では、学部学科再編の理工系学部新設の取り組みから、情報系学部を設置。デジタルや脱炭素社会に対応する必要とされる人材育成を考えている。

 プログラムでは、最初に小林淳一学長らよる「長野大学の教育改革」で取り組みを紹介。
 
 講演では、オルガン針㈱の増島良介社長による「産業界からの大学教育への要望と期待」。

 パネルディスカッションは「ChatGPTで働き方・教育がどう変わるか?」。
 パネリストに増島社長、秋田県立大の飯島一朗理事、立教大の西原文乃・准教授、甘楽町役場地域魅力化特命室の高田健二室長、ファシリテーターに長野大の吉田善一副学長。

 ★申し込みは長野大ホームページからで申し込みフォームにアクセス、22日まで。
 https://www.nagano.ac.jp/news/14_65113b6712143/
 問い合わせ(電話)0268・39・0001