ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

初めて「別所かるた」の制作に取り組む!2月から「かるたの句の公募」を開始する予定。★「別所線の将来を考える会」

テーマ:お知らせ

【応募用紙と別所線車両】

 別所線存続のため活動する市民有志グループ「別所線の将来を考える会」は、初めて「別所かるた」の制作に取り組む。
 「別所線をより身近に感じてもう企画」として、2月から「かるたの句の公募」を開始する予定だ。

 別所線の将来を考える会では、2003年に発足。
 これまで別所線イメージソングとして、コカリナ奏者の黒坂黒太郎さんらの協力で「夢み鉄道別所線」「別所線牧歌」を制作して販売。さまざまな別所線関連のイベントに協力している。

 かるた製作は、発足20周年の記念事業。

 募集する句は、「あ」から「ん」まで50音が出だしくる文言。 「を」と「ん」については文中に含む句。
 句の字数制限などはないが、長文は望ましくないとしている。
 応募は50音すべてではなくても可の方針。
 句の内容は、現在の別所線だけでなく、別所線と共に活躍して廃線になった路線の思い出も対象にする。

 応募は誰でも可。詳細は同会のホームページに今後掲載する予定。
 募集期間は、2月1日から8月31日。

 応募方法は、所定の「書式(ホームページ掲載予定)」に記入し、封書か電子メール。
 応募された句は、審査を経て採用を決めるが、句の著作権など関連権は同会に帰属。
 別に発表された句は受け付けない。
 採用された人の名前を読み札に掲載。
 採用の場合に語句を調整することもある。
絵札の制作や、かるた化の予算など詳細は今後検討するとしている。

 問い合わせ(電話)0268・23・2952(事務局)