ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

長和町「おたや祭り」2024(14日と15日)★伝統の古町豊受大神宮の例祭

テーマ:お知らせ

【長門小6年生と復活させた「龍の子太郎」の山車】
【山車の準備を進める上中町第2場】

 長和町伝統の古町豊受大神宮の例祭「おたや祭り」が14日と15日に神社周辺で行われる。
 地域住民は、祭りに奉納する山車の準備を進めている。

 この山車は、区単位で構成する5場所の保存会がそれぞれ制作。
 一般的な移動型の山車ではなく、神社周辺の5カ所に固定して展示するもの。
 おとぎ話や歴史の物語など毎年異なるテーマを決め、登場人物の人形や物語の舞台セットを各場所に飾り付ける。

 奉納の最も古い記録は江戸時代の1828年。
 素朴な農民美術を伝承する貴重な伝統文化として県無形民俗文化財に指定されている。
 現在、祭りを盛り上げる人気イベントとなっており、町内外から見物人が訪れる。 

 5日には、山車保存協賛会(会長・高見沢高明副町長)や町職員が、制作会場の公民館などを訪問し活動をねぎらった。

 第2場では、浅間山や蓼科山など長野県内を舞台とした民話「甲賀三郎伝説」がモチーフの山車を制作していた。
 今年の干支の辰年にちなみ、龍の登場する物語を選んだという。
 第2場山車保存会会長代理の米沢俊昭さんは「龍2体と甲賀三郎などの人形2体を登場させる。この龍と人物は同一の存在で、本来は同時に登場しないが、山車では見栄えが良くなるように一緒に並べて表現する」と話していた。

★今年の全5場の山車は
 ▽上宿第1場「浦島太郎 竜宮城から村に帰るの場」
 ▽上中町第2場「甲賀三郎 龍になるの場」
 ▽中町第3場「夜叉ヶ池 龍神の場」
 ▽下町・藤見町第4場「登竜門 鯉の滝登りの場」
 ▽桜町第5場「川中島の合戦 信玄と謙信の一騎打ちの場」。

◆長門小児童と寺上地区の会「龍の子太郎」山車を修復
 長門小学校と地元住民でつくる「明るく優しくつながる寺上地区の会」は、12年前のおたや祭りで披露された「龍の子太郎」の山車を修繕して展示する。
 場所は第1場の南側。

 この山車は、巨大な龍に太郎が乗っているデザイン。
2012年に中町第3場の山車保存会が制作。
 当時のおたや祭り終了後、町内の温泉施設「長門温泉やすらぎの湯」が引き取った。そして施設内ロビーに吊り下げて展示していた。
 その後も長年飾られてきたが、色の劣化や汚れがたまるなどの老朽化が進み、対応が必要となっていた。

 この話を聞いた同会代表の龍野賢一さんは、同小に協力を呼びかけ、今回の展示が実現。

 同小6年生(29人)が昨年12月から色の塗り直しや壊れた箇所の修復などを行い、太郎と龍を蘇らせた。
 また、同小5年生(26人)が「水田学習」の一環として作った案山子も活用し、一つの作品として並べる。

 6年生の児童は「この大きな龍を、小さな筆で色を塗り直したので大変だった。絵具もすぐなくなってしまい、色を合わせるのも難しかった。完成して達成感がある」などと話した。

 同会はこれまで、全5場すべての山車まで足を運んでもらうことなどを目的に、イルミネーションや灯篭の設置など行ってきた。
 今年はイルミネーションは行わない代わりに「復刻版の龍の子太郎の山車展示となった。
 灯篭は、長門小6年と和田小全児童が協力で、引き続き設置する。

 龍野さんは「以前から、おたや祭りに子どもたちが参加できたらいいと考えており、今回は長門小に協力してもらえた。町民手作りの全ての山車をぜひ見てほしい」と話した。

◆14日夜、花火打ち上げ
 長和町の有志でつくる「町を明るく元気にしよう会」は14日午後7時頃、おたや祭りにあわせて、円通寺線付近から打ち上げ花火を実施する。
 花火は商工会青年部が打ち上げていた時代があったが、事情があって途絶えていたため、3年前に地元寺上地区の有志らが復活させた。
 祭りを盛り上げるとともに、進学や就職など新生活を控える人たちへの激励や、コロナ禍で尽力した人たちへの感謝を込めたという。
 昨年は同会が立ち上がり、より広く町内外の協力を得て実施する体制となった。

 今年は3つの花火玉に、依田窪南部中学校3年生、長門小6年生と和田小6年生らが「夢や願いを書いた短冊」を貼り付けて打ち上げる。

 条件が良ければ、スマイルマーク、ハートマーク、キャラクターマークが浮かぶ。