ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市は令和7年度開設の「仮称・市民ICT支援センターの活用」! ★若者からアイデアを求めるワークショップ(2月17日・上田市のまちなかキャンパスうえだ)★参加申し込みは2月5日まで

テーマ:お知らせ

【仮称・市民ICT支援センターとなる上田市東庁舎】

 上田市は、令和7年度開設の「仮称・市民ICT支援センター」の活用で、若者からアイデアを求める「ワークショップ」を2月17日、午前1時から4時、上田市海野町のまちなかキャンパスうえだで行う。

 市では下之郷のマルチメディア情報センターを廃止する一方で、東庁舎を改修して「仮称・市民ICT支援センター」を開設する。

★新施設のコンセプトは
 ▽子どもを対象としたICT人材の育成 ~学校でも塾でもない、地域でICTを学べる場の提供~
 ▽市民のデジタル活用支援 ~市民・地域・行政だれもがつながるデジタル社会。新しいICTの利便性を実感できるための支援~ 
 ▽地域の文化資源の保存・発信 ~地域の魅力の発信・発見。まちの活性化とシビックプライドの醸成~。

 新施設の魅力を高めるため、若者のアイデアを話し合う場を企画した。

★第1部はICT座談会として、昨年9月にIT学生エンジニアのピッチコンテストで優勝した長野大学3年生の池野太心さんと、(株)間島宣伝事務所の間島賢一代表が参加者も交えて座談会。

★第2部はグループワークで
 ▽子どもや学生たちが集い、学びあう
 ▽市民のデジタル活用を支援▽地域の文化資源を保存・発信。

 参加無料。
 定員25人程度
 参加申し込みは2月5日まで。
 申し込み方法は市ホームページに掲載。
 https://www.city.ueda.nagano.jp/soshiki/u-research/82434.html

 問い合わせ(電話)0268・23・8246