ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

東信地域の写真愛好家による「45人の写真展」(19日まで・上田市立美術館)

テーマ:お知らせ

【バラエティーに富む作品が並ぶ】

 東信地域の写真愛好家による「45人の写真展」が19日まで、上田市天神3、市立美術館の市民アトリエ・ギャラリーで開いている。
 デジタル写真研究会(事務局・松尾カメラ)が公募し、45人から寄せられた68点を展示した。

 昨年、観測された皆既月食や初冬の里山風景などバラエティーに富んだ作品が並ぶ。
 木曽町の白川氷柱群を8枚合成でダイナミックに表現した作品もあり、事務局は「デジタルはさまざまな可能性を秘めている。これからも愛好家の希望に応えて、作品発表の場を提供していきたい」とする。

 「麗しき高原」=小海町北八ヶ岳=などを展示した同市平井の竹花隆生さん(75)は「出始めた霧の具合を見ながら撮った。普段の生活から離れ、自然の中に身を置いて撮るのが写真の醍醐味です」。

 同市上田の小宮山英樹さん(84)は「魅惑の冬空」=美ヶ原ビーナスライン)を出品。
 趣味を同じくする二男と年明けの深夜に2人で出かけたといい「息子とは撮り方は全く違うが、同じ場所で一緒にカメラを構えるのは楽しいものです」と話していた。

 入場無料。
 展示時間は午前9時から午後5時まで。
 最終日は午後4時まで。