ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

小諸市の大栄製作所がプロ野球独立リーグ「信濃グランセローズ対福島レッドホープス」に地元小学生を”無料招待”! ★大栄小諸球場で行われる。

テーマ:お知らせ

【目録贈呈式。左から、山下千鶴子教育長、小泉俊博市長、塩川社長、竹内社長】

 小諸市の大栄製作所は、プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグ公式戦に地元小学生を「無料招待」する。
 招待するのは、29日に同市の大栄小諸球場で行われる「信濃グランセローズ対福島レッドホープス」戦。
 試合開始は午後1時。
 小学生はチケットや引換券などが不要で、その場で入場可能となる。

 大栄製作所は信濃グランセローズのチームスポンサー。
 無料招待は、スポーツを通じた地域の青少年健全育成に貢献しようと毎年実施している。
 また、同社は、同野球場のネーミングライツ契約など数々の野球振興活動を行っている。

 信濃グランセローズは「県民に愛されるチーム」を目標とするプロ野球球団。2007年加盟。
 昨年は5年ぶり2回目のリーグ優勝を果たすなど活躍。

 今シーズンも、5期目となる柳沢裕一監督が率いる。
 目標は、独立リーグ日本一をかけたグランドチャンピオンシップ制覇。 

 試合を前に、市役所で目録贈呈式があり、関係者が出席。

 信濃グランセローズを運営する長野県民球団(長野市)の竹内洋一社長は「コロナも落ち着き、声だし応援もできるようになった。選手も精一杯のプレーをお見せする」。

 大栄製作所の塩川秀忠社長は「小諸は子どもから大人まで野球熱が高い。一人でも多く小諸の球場に来てもらえれば。当日は当社も含めてみんなで盛り上げていく」などと話した。