ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

「ツール・ド・青木峠R143」の参加者募集中! 5月21日に開催。青木村民ら18人がつくる「青木令和の義民ドロプロジェクト」。

テーマ:お知らせ

【ふるさと公園あおきでプロジェクト代表の島形さん(左)と
メンバーの門司さん】

 爽やかな風を切って自転車で峠越えを楽しむ「ツール・ド・青木峠R143」が、5月21日に開かれる。

 青木村民ら18人がつくる「青木令和の義民ドロプロジェクト」が、昨年に続く第2回目を企画。広く参加者を募っている。

 ふるさと公園あおきをスタートして国道143号線を上り、青木峠の明通(あけどおし)トンネル、東条ダムを通って、筑北村の道の駅さかきたで折り返して公園まで戻る約50㎞のコース。
 累積標高は960m。

 熊本県出身で10年ほど前に都内から青木村に移住したプロジェクトメンバーで、同村当郷の門司秀洋さん(57)は「地域に根ざした活動は新鮮。東条ダムから望む残雪の北アルプスは圧巻ですよ」とアピール。

 代表で、同村村松の島形建夫さん(78)=同村村松=は「青木村の心意気を知ってほしい。泥くさくても失敗を恐れず、自分たちが持てる力を合わせて元気にやりきりたい」と力を込める。

 午前8時45分から開会式。
 9時にスタートし、12時半から閉会式を開く。
 村、村教育委員会など後援。

 参加費一般3000円、中高生2000円。
 道の駅あおきの昼食優待券や村内の日帰り温泉入浴券が付く。
 電動アシスト付き自転車や、Eバイクでも参加できる。

 申し込み締め切りは5月15日。
 定員60人。
 QRコードなどから申し込む。

【QRコード】



 またイベント運営を手伝うボランティアを募集している。
 コース上の2カ所に設けるエイドステーションでのサービスや安全誘導、声援など。

 問い合わせは(電話)090・2209・8485(島形さん)