ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田千曲高校建築科3年生が上田市と千曲市内の建設現場で「工事現場見学研修」を行う!★長野県上田建設事務所、県建設業協会上小支部が「建設産業の担い手育成」を目的に。

テーマ:お知らせ

【エントランスでの説明】
【2期工事現場での説明】

 長野県上田建設事務所、県建設業協会上小支部はこのほど、上田千曲高校建築科3年生を対象に、上田市と千曲市内の建設現場で「工事現場見学研修」を行った。
 建設産業の担い手育成が目的。

 工事現場見学研修には、上田市ではASPINA・シナノケンシ㈱の新築工事を行っている本社研究開発棟と、千曲市の新光電気工業㈱千曲工場の新築工事が協力。

 シナノケンシ㈱は、敷地内で本社再開発工事を2021年12月から着手。
第1期工事で、エントランスや社員食堂などのある新棟の一部が3月に完成。
研究開発を行う建物の2期工事がスタート。
 現在、大きな建物の基礎工事を行うために必要な仮設の構台を設置中。
 工事は㈱大林組が請け負い、2025年7月の完成に向けて進めている。
 見学には3年生37人が訪れ、完成している鉄骨造3階にある社員食堂で、シナノケンシの本社再開発を担当している池田貴穂課長が
 ・会社説明
 ・本社再開発工事を丸子の地で行うことになった経緯
 ・依田川の河岸段丘になっている建設地の状態の調査
 ・研究開発を行う建物のデザインや施工に至る過程
 ・川を付け替え工事
   ーなど、これまでの工事の内容や今後の予定について、画像を交えて説明した。

 屋上の機械設備や、1階エントランスの天井で製品のモータが動くイメージを取り入れた曲線などのデザインについても解説した。

 2期工事の現場については、大林組の橋本千与治工事長が案内。
 コンクリートや基礎工事の手順について説明し、重機についても解説。
 生徒がクレーン車などに乗れる体験も行った。

 現場見学を行った生徒は「できるだけ費用を抑える工夫を考えたり、現場ごとに大変さが違うことが実感できた。重機の操作は手足を同時に使うため、大変だと思った」と話していた。

 引率した担任の中田瑛教諭は「(生徒は)机の上より実際の現場を見ると生き生きとしていた。学習しているものを実際に触れることで理解が深まる。ありがたい機会で感謝したい」と話していた。