ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

長野県は「(仮称)地域と調和した太陽光発電事業の推進に関する条例」素案の意見を募集中!★7月12日まで

テーマ:長野県発表ニュース

 長野県は7月12日まで「(仮称)地域と調和した太陽光発電事業の推進に関する条例」素案の意見募集を行っている。

 条例素案は、地上設置型の太陽光発電出力10kw以上の施設が対象。
 地域と調和した事業になるよう、手順や基準を設けるもの。

 「特定区域」での事業は県の許可制。
◆特定区域は
 「地域森林計画対象森林区域」
 「土砂災害特別警戒区域」
 「砂防三法区域(地すべり防止区域、急傾斜地崩壊危険区域、砂防指定地)」
 安全基準などを満たさないものは事業禁止になる。

 それ以外での地上設置型の太陽光発電施設で、50kw以上の大規模なものは、県に事前届出制。
 その他の事業は、市町村への事前届出制。

 手続きでは、事業着手前に事業基本計画を提出。
 地域住民などへの説明会の開催を義務化。
 地域住民は、事業基本計画について意見ができ、意見に対して事業者は誠実な対応に努める。

 環境や景観の保全のため「水道水源保全地区」「国定公園」「県立公園」「自然環境保全地域」など環境配慮区域では、事業による影響の整理、環境保全策の検討を義務化。

 地域住民などは景観保全でも意見の申し出が可能。
 条例の実行性を確保するため、必要に応じて報告徴収、立入検査ができる。
 許可を受けずに設置した場合は、5万円以下の過料の罰則。

 維持管理でも適正に行ってない場合は勧告、勧告に応じない場合は措置命令することができ、命令を受けた者の氏名などを公表することや、許可取消しができる。

 市町村条例とは、県条例の目的を達成できる場合、県条例の全部か一部を適用除外でき、市町村は県条例の上乗せも可能としている。

 詳細は県ホームページ、県庁の環境政策課ゼロカーボン推進室、合同庁舎行政情報コーナーなどで閲覧できる。 https://www.pref.nagano.lg.jp/zerocarbon/taiyokojyoreipabukome.html

 意見の提出方法は「ながの電子申請サービス」か「意見提出様式」により郵送も可。

 条例素案について説明会も行う。
 3日、午後3時から佐久合同庁舎講堂など。
 オンラインは4日、午後7時からZoom。
 ※ながの電子申請サービスで事前申込み。

 オンラインの説明会は後日、YouTubeで配信予定。