ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

橋本佳幸さん=青木村= 信州上小森林組合・依田窪支所班長 ★林業発展を願い『いい仕事』を

テーマ:ひと

 橋本佳幸さんは、同組合に27歳で転職して15年目。
「外の仕事に興味があり、この仕事を選んだ。性に合っている」と感じている。

 依田窪支所は上田市武石地域と長和町の山林が管轄。
現在、4人構成の班長として仕事の繋がりがスムーズに行くよう段取りを考えながら仕事を進めている。

  山林での伐採業務は成熟した木材を収穫するための「主伐」や木を間引いて健全な山の育成を図る「間伐」などを行っている。
 「主伐」を行った後は利用できない枝などを植栽がしやすいように整理する「地ごしらえ」作業を行った後、植栽となる。
 戦後植栽した木が成熟し、伐期を迎えた山林が多く、「主伐」業務が増加傾向となっている。

 「山に興味を持ってくれる人が増えて、林業が発展してくれることを願っている」。地域の人たちに日頃の仕事ぶりをみてもらい、『いい仕事をしている』と思われるよう努めたい」。

 家庭では小学2年生と1年生の父親。
 趣味はスノーボードとキャンプ。