ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市の地域おこし協力隊員の田代渓太郎さんが「活動報告」を行う! ★2年間活動し3月末で退任

テーマ:上田市ニュース

【活動報告する田代さん】

上田市の地域おこし協力隊
田代さんが活動報告

 上田市の地域おこし協力隊員として2年間活動し、3月末で退任する田代渓太郎さん(40)は、このほど上田市役所で「活動報告」を行った。

 田代さんは栃木県下野市出身。
 工場勤務や教員を経験した後、令和4年4月1日に採用された。
 「上田市での就農と定住」を目標に、就農に必要な技術の研修やスマート農業の実証実験に参加するなど積極的な活動を展開してきた。
 4月からは市内に居住し、約1000㎡の畑を賃借してキュウリのハウス栽培などに取り組むという。

 報告会では研修ほ場の整備から始めたキュウリのハウス栽培や、先進的なアスパラガスの高畝栽培について写真を示しながら説明。
 スマート農業の実証試験では「遠隔での営農相談の取り組み」や「選果アシストシステムの開発」「ハウスに温度や湿度」「太陽の明るさなどを測るセンサーを取り付けて環境制御法を活用するためのデータ取り」を行ったことなどを報告した。

 土屋陽一市長は「2年間の取り組みは素晴らしい内容だった。培った知識と経験、人脈を生かしながらこれからも前進してほしい」とあいさつした。