ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

アート金属工業㈱=上田市常磐城= 三城伸五氏(63) ★「アルミニウムの精密鋳造技術を生かし、キャンプ用のペグの生産を開始!」 

テーマ:上田市ニュース

 上田市に本社を置くアート金属工業㈱はピストン専門メーカーとして1917年創業から106年。
 国内外に高品質、高機能なピストンを提供、市場シェアは国内第1位、世界第2位を誇る。
 自動車業界は近年、急速な電動化、大幅なCO2削減が求められ、環境は大きく変わりつつある。
 2017年「アイシン精機(現・アイシン)」と事業統合。
 2021年6月、アイシンから同社に代表取締役社長に就任した三城伸五氏(63)は、どう乗り越え、将来展望をどう描くかを聞いた。

 ―経営方針と将来展望
 2030年までに、ありたい姿を具現化するため、中長期経営計画『AS30』(Art Strategy 2030)を社長就任時より始動させた。
 30年のゴールまでを3年間ずつ3つのスパンで目標を設定、各年度の方針を達成していく。
 24年度は『AS30』の実現に向けたマイルストーン(中間目標)である、『25年の姿』への到達の成否を決定づける重要な年。ここで将来を見据えた戦略基盤を構築して、30年までの道筋を具体化する。

 〈4つの経営方針を全社に発信〉
 ①社員の安全、健康、コンプライアンスを最優先
 ②新規ビジネス参入に向けた推進力強化
 ③トップブランドを維持できる競争力強化
 ④持続的な成長を支える経営基盤の強化

 経営方針は、全社員がベクトルを合わせ「次の100年を創造する企業」を目指すため、世界中のグループ会社に向けて発信。一人ひとりがゴールを目指し、力を結集して歩を進めるため、スローガンを「さらなる改革へ挑戦していこう」とした。

 ―業績
 22年度は国内で278億円、海外(中国2拠点、タイ、インドネシア)を合算すると520億円で増収増益となった。
 しかし「収益の半分以上が海外のため、国内の収益をどう上げるかが課題」。

 ―新規ビジネスの取り組み
 新ビジネスの取り組み第1号として、アルミニウムの精密鋳造技術を生かし、キャンプ用のペグの生産を開始。他分野の製品も近く量産予定。
 また『地球温暖化によるコーヒー2050年問題』の解決策として、本社土地を活用し昨年6月、コーヒー栽培の実験に着手。「上田産コーヒーをブランド化して観光振興にも寄与したい」という挑戦は大きな反響を呼んだ。

 -社会貢献活動
 サントミューゼや森林整備・調査研究活動に取り組む「にぎやかな森プロジェクト」、上田の大花火大会、交通安全活動などに協賛するなど積極的な貢献活動をしている。

〈三城社長〉
 愛知県豊橋市出身。
 1983年アイシン精機(現アイシン)入社。
 2010年~2012アメリカ、2016年~2021年ベルギーに駐在。
 2021年、アート金属工業社長に就任。
 心掛けている言葉は「No Attack, No Chance!(挑戦しなければチャンスはない)」。社員にも話し、自身も実行している。
 ベルギーでは美術館、コンサート鑑賞、観光などを楽しむ。
 今でも続けている。