ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田の柔道場「開示塾」全国中学校体育大会へ! ★長野県で男子の団体・個人が優勝。

テーマ:上田市ニュース

【全国大会に出場する選手】

 上田市の柔道場・開示塾で稽古する上田市内中学生が、先月行われた県中学校体育大会に開示塾のクラブチームとして出場し、男子団体優勝、男子個人でも2人が優勝した。
 17日から20日に徳島県鳴門市で開かれる「第54回 全国中学校体育大会」に出場する。
 クラブチームも出場が認められるようになったことから、開示塾として同大会で初優勝。
 大会を前に8日、出場選手らが上田市役所を訪れ、土屋陽一市長、峯村秀則教育長に報告した。

★全国大会に出場するのは
 男子個人戦60㎏級の黒川太心さん(丸子中3年)
 男子個人戦90㎏超級の滝澤唯斗さん(上田二中3年)
 男子団体戦では黒川さん、平井翔大さん(上田二中2年)、滝澤飛亜さん(丸子中3年)、山﨑聡太さん(上田二中3年)、滝澤唯斗さん、西入亮輔さん(上田四中2年)、丸山優吏さん(丸子中1年)。

 長野県大会だけでなく、北信越大会でも団体優勝した。

 市役所には開示塾ヘッドコーチの内山貴之さん、保護者と選手が訪れた。

 内山ヘッドコーチは「今日は来られなかったが、丸山秀明監督の情熱がここまで成長した。7人は丸山監督を信じ、歯を食いしばって練習してきた努力が報われたと思う」とあいさつ。

 団体と個人で出場する黒川さんは「3年生で最後の大会になるので、これまでしてきたことを全力で出し切れるよう頑張りたい」。

 滝澤唯斗さんは「団体戦も個人戦も1位を目指して頑張りたい」とした。
 ほかの選手も「チームの勝利に貢献できるよう頑張りたい」「先生方や保護者の方への感謝を忘れずに精いっぱい戦いたい」などと抱負を語った。

 土屋市長は「全国大会の出場おめでとう。上田市、長野県の代表として頑張って活躍してほしい」と激励した。