ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

長野県「新型コロナ」が増。インフルエンザは減。◆コロナとインフルほぼ同じに

テーマ:長野県発表ニュース


 

 新型コロナウイルスの感染状況について県は10日、定点把握による状況を発表した。

 新規感染の届出数は、定点88医療機関からの報告をまとめ、毎週水曜日に発表。
 今回は令和6年第1週1日から7日で、全県の届出数は前回よりも173人増の1110人、定点医療機関あたりは12・61人。
 年代別では多い順に10歳未満と50歳代が同数の158人、40歳代が156人、20歳代と30歳代が同数の151人など。

 新規入院者は前回より減少して暫定値で146人、入院者全体は約120人増加して暫定値で409人、うち中等症は59人、重症1人。

 上田圏域は定点医療機関あたりでやや減少して14・63人。
 佐久圏域は増加して10・50人。
 上田の医療機関、上田と佐久の福祉施設において集団発生が確認された。
 医療受診など相談は(電話)0120・924・444(長野県新型コロナ受診・健康相談センター)。

 インフルエンザは、届出数が減少して1183人、定点医療機関あたり13・44人で新型コロナと、ほぼ同規模になった。
 上田は、届出数が減少して182人、定点あたり22・75人で警報基準の30人以上を下回った。
 佐久も減少して122人、定点あたり15・25人。