ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

マンズワイン(株)小諸ワイナリーが金賞を受賞! ★「日本ワインコンクール」で上田市産ワイン用ブドウを使用した赤ワインなど

テーマ:小諸市ニュース

【報告に訪れた関係者】

 マンズワイン㈱小諸ワイナリーは、7月の「日本ワインコンクール」で”上田市産ワイン用ブドウを使用した”ワインが、金賞を受賞した。
 赤ワイン3品が部門最高賞を含む金賞。
 白ワインでも2品が金賞。

 コンクールには、全体で709品のエントリーがあり、うち金賞は28品のみ。
 同ワイナリーは、昨年の6品金賞に続き、5品金賞の快挙となった。
 このほど関係者が上田市役所を訪れ、土屋陽一市長に報告した。

★金賞の赤ワインは
 欧州系品種の部門で部門最高賞の「ソラリス ラ・クロワ2019」=東山=。
 「ソラリス 東山メルロー2018」=東山=。
「ソラリス 千曲川カベルネ・ソーヴィニヨン2018」=東山・塩田地区=。
 東山の自社畑は、大きな堆積岩の崖で市指定天然記念物「鴻の巣」の近く。
 カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、浅間メルロー、ピノ・ノワールなどを栽培。
 水はけがよいワイン用ブドウに適した土壌に加え、独自開発の「マンズレインカット」を用いている。

★白ワインの金賞は
 「ソラリス 千曲川シャルドネ2022」
 「ソラリス 千曲川ソーヴィニヨン・ブラン2022」。

 「ソラリス ラ・クロワ2019」は9月から販売予定。
 「東山メルロー2018」「ソラリス 千曲川カベルネ・ソーヴィニヨン2018」は販売している。

 コンクールは25人の審査員が、視覚、香り、味わい、ハーモニーなどの項目で、満点は100点で採点。
 金賞は、85点以上が基準で各部門の3から5%。
 欧州系品種の赤は159品がエントリーされ、金賞は7品。
 7品中、長野県産が6品を占めた。
 欧州系品種の白は、166品がエントリーされ、金賞は8品。
 長野県産は同ワイナリーのみ。

 報告には、小諸工場長の深沢正彦常務、商品企画部長の赤城靖常務、小諸ワイナリーの製造グループ長の西畑鉄平さん、栽培管理を担当している製造グループの邑田明さんの4人が訪れた。

 深沢常務らは東山の環境の良さを説明しながら「たいへん恵まれており、ありがたい。おいしく、ここでつくる意味があることに注力している。(部門最高賞のワインは)東山で栽培したブドウのみで製造し、東山の場所を表現したワインになっている。メルローも単一の畑のもの」と話していた。

 土屋市長は「金賞受賞は素晴らしいこと。東山のブドウと技術でこれからもワインをつくり、世界に発信してもらいたい」と今後にも期待を寄せていた。