ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

青木村が保育園、小学校、中学校の「給食費無償化」! ★<青木村議会3月定例会・開会>2024

テーマ:青木村ニュース

 青木村議会3月定例会は6日に開会した。
 村側は2024年度一般会計当初予算案など24議案を提出した。
 当初予算案は総額30億6700万円で前年度当初比6・2%増。

◆主な事業は
 ・保育園と小中学校の給食費無償化に係る経費で2577万円。鹿教湯病院改築費の補助で540万円(今後5年間で合計2700万円)
 ・道の駅あおきなどのインターネットによるショッピングサイト開設で110万円
 ・5年水張りルール対策で畔塗り械や水中ポンプなどの購入費で204万円。
 ・田沢温泉内村道の舗装改良工事で1500万円
 ・武道館から中挾地区を結ぶ村道の拡幅工事で1000万円
 ・国道143号と村松地区を結ぶ村道の舗装改良工事で800万円
 ・カンガルー教室(発達に心配のある親子の遊びの教室)に係る経費で13万円
 ・小学校トイレの洋式化工事で616万円。
 ・図書館の空調設備の更新と照明設備のLED化工事で2530万円
 ・五島慶太の伝記創刊費で275万円
 ・十観山の登山道整備費で200万円
 ・結婚に伴う引っ越し費用やリフォーム費用の補助で90万円 ・総合グラウンドとテニスコートの照明のLED化で4344万円など。
 
 冒頭で、北村政夫村長は保育園と小中学校の給食費無償化について「これまでの4年間は毎年の予算編成の中で無料としてきましたが、今後は制度として無償としてまいります」との方針を示した。財源については「企業誘致で来年度以降の税収の伸びが期待できる」と説明した。

 会期は15日(予備日)までの10日間。
 一般質問は、8日で7議員が予定している。