ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

「史跡上田城跡保存活用計画」文化庁へ提出 早くて7月以降に認定! ★上田城跡の整備 本格化へ。 上田市教育委員会

テーマ:上田市ニュース

【今後解体される旧市民会館】

 上田市教育委員会は、策定中の「史跡上田城跡保存活用計画」を年度内に文化庁へ提出、計画が早くて「今年7月に認定される見通し」をこのほど、市議会全員協議会で明らかにした。
 史跡の活用や、旧市民会館周辺の武者溜りや三十間堀、本丸に現在ない4櫓や櫓門の再現を盛り込んでおり、今後本格化する整備方針の礎となる。

 同計画は、令和3年から城郭などの専門家による策定委員会や文化庁との協議、市文化財保護審議会やパブリックコメントなどを経て策定した。

 計画期間は令和6年度から15年度までおおむね10年間。
 史跡上田城跡の保存・活用の指針で、史跡として守るべき価値、保存管理の方針や方向性、活用方法、整備方針などを盛り込んでいる。

 計画の大綱は「伝えよう未来に、尼ヶ淵の堅固な要害を」。

★史跡として守るべき「価値(本質的価値)」については
 ・二度にわたる徳川軍の攻撃でも落城しなかったこと。
 ・仙石氏による復興で河岸段丘など自然地形を巧みに利用した  強固で技巧的な城。
 ・城郭としての姿を残す遺構としての価値。
 ・明治の廃城後に市街地化を免れ、公園として市民に必要な場所。
 ・シンボルとして親しまれていることーなどを挙げている。

 課題としては、史跡内の民有地公有化、遺構未確認部分の発掘調査、石垣など崩落防止と耐震化、史跡外で追加指定の検討や遺構確認など。
 
★活用の方法では
 ▽城郭遺構の情報発信
 ▽仙石氏による復興以降の情報提供の推進
 ▽AR、VRを活用した上田城の全体像の発信
 ▽VR上田城の再検証、再公開の検討
 ▽イベント等における活用
 ▽城下町と一体とした活用▽学校教育や生涯学習における活用|など。

★整備の方法では
 ▽二の丸東虎口 旧市民会館を解体し、武者溜り、三十間堀の整備
 ▽二の丸東虎口北側一帯 テニスコート移転後の整備は有識者の意見を踏まえて検討
 ▽本丸内の4櫓及び櫓門の再現 懸賞金制度などにより資料収集に努め、西櫓を基にした櫓の再現などの調査研究を進める
 ▽上田市立博物館移転後のガイダンス施設 「(仮称)博物館整備基本計画策定」を進め、移転後のガイダンス機能を持つ施設整備を検討。
 今後の具体的な工事は、旧市民会館駐車場の生垣を撤去、旧市民会館解体工事のための工事車両の道路を敷設、令和7年度に解体工事を行う予定。