ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

東御市の蜂天国で「キイロスズメバチの巣を合体させた作品作り」が始まる! ★「恵比寿様」とのコラボ作品を完成させる。

テーマ:とうみニュース

【巣の合体作業】

 東御市加沢の蜂天国でこのほど、キイロスズメバチの巣を合体させた作品作りが始まった。今年は七福神シリーズの第1弾として12月までに木彫りの「恵比寿様」とのコラボ作品を完成させる。

 この日は、高さ約1mの鉄筋で作った骨組みに10個の巣を密着させて刺して固定する最初の作業を行った。
 こうすることでハチが修復して大きな1つの巣になる。
さらに2週間後に8個程度追加して固定し、1週間後には巣の調整作業をする予定。

 蜂天国は、㈱塩沢産業が運営。
巣を合体させた作品作りは1994年9月から始め、翌年に開館した。
 昨年までに干支十二支シリーズが完成したことから、今年から七福神シリーズがスタートした。

 作品作りは、社員の木榑友貴さん(28)が担当。
 自ら駆除してきた巣を使っているが、今年は猛暑のため少なく苦労している。

 木榑さんは「巣の駆除数は昨年の半分以下だけど、元気はいいのでバランスを意識した作品に仕上げたい」と話していた。

 開館時間は午前9時~午後6時。
 11月から6月は5時まで。

 入館料は、大人300円、中高生100円、小学生以下無料。
 (電話)0268・63・3888