ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

農畜産物や酒類の生産者と飲食・宿泊事業者をつなぐ「ストーリーを学ぶ 生産者ツアー」を東御市で初めて行う! ★上小地域観光戦略会議の上田地域食材活用分科会

テーマ:とうみニュース

【アルカンヴィーニュの訪問】
【ワイン&ビアミュージアムでのプレゼンテーション・試食試飲】

 上小地域観光戦略会議(座長・上田地域振興局長)の上田地域食材活用分科会はこのほど、農畜産物や酒類の生産者と飲食・宿泊事業者をつなぐ「ストーリーを学ぶ 生産者ツアー」を初めて行った。
 東御市内の生産現場を巡り、湯楽里館ワイン&ビアミュージアムで生産者のプレゼンテーションも行った。

 「上田地域の食を生かした観光地域づくりを推進するため」のツアーで、上田地域の飲食などに関わる16人が参加。

 生産現場の視察は、ワインのアルカンヴィーニュ、信州牛の(有)小田切牧場、西洋野菜などのアグロノームの農園、生ハム工房「Jamomn8ehara」ハモンヤエハラを訪問。

 開設して10年のアルカンヴィーニュ(日本ワイン農業研究所(株)、代表・玉村豊男さん)では、醸造責任者の小西超さんらが農場やワイン醸造の現場を案内、試飲によるワインの解説も行った。

★参加者が聞いた解説は
 ・ワイナリーから一望できる標高の高いブドウ畑での栽培の特徴。
 ・樽とステンレスタンクでの醸造の違い。
 ・瓶内発酵させるスパークリングワインの製造の解説

 また、販売しているブランやルージュなどを試飲した。

 小西さんは「地元の事業者の皆さんが個別に来られることはこれまであったが、今回のようなツアーは初めて。このような企画がないと来られない事業者もいると思うので、大変良い。地元のワインを知ってもらい、提供していただければありがたい」と話していた。

 ワイン&ビアミュージアムでは、信州太郎ぽーくのピー・オア・ケイ(株)、アグロノーム、シャトー・メルシャン椀子ワイナリー、上田市で2番目のワイナリーのヴェレゾンノート、はすみふぁーむ&ワイナリー、沓掛酒造(株)、ビールの(株)信州東御市振興公社、青木村でビールのNobara Homestead Breweryの8事業者が、生産の方法から販売している品をPR。
 試食や試飲で味なども確かめながら、名刺交換や具体的な販売・配送の話しも行い、盛り上がっていた。

 飲食関係の参加者は「地元の食材を使用しているため、新たに生産者とのつながりをつくりたかった。このような機会があればまた参加したい」。

 食品関係の参加者は「若手の料理人が参加すると地元食材の勉強になるので良いと思う」など今回の企画の継続を望む声があった。