ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

「どんどこ!巨大紙相撲大会雷電東御場所」2024を開催! ★東御市のしげの里づくりの会

テーマ:とうみニュース

【巨大紙力士同士」が対戦】

 東御市のしげの里づくりの会(若林幹雄会長)は、このほど第6回「どんどこ!巨大紙相撲大会雷電東御場所」を同市文化会館で開催。
 雷電の身長にちなんで手作りした高さ197cmの「巨大紙力士同士」が対戦した。

 大会には同市や上田市から23チームが参加。
 取り組みはベニヤ板製の土俵を手で叩いて行い、土俵の線に触れさせるか相手を倒すかで勝負を決めた。
 叩き手は、子どもと大人の混合は10人まで、子どものみは12人までとのルール。

 巨大紙力士は1月下旬に開催したワークショップで制作したもの。
 アニメのキャラクター、野球選手、創作した怪獣などユニークなものが多く、全力士が4回戦い、4戦全勝が複数出た場合には決勝トーナメントで優勝者を決めた。

 決まり手は押し出しや引き落としが多かったが、投げたように見える取り組みや物言いがつく取り組みもあり、その都度会場が大いに沸いていた。

★主な成績は次の通り。
 ▽天下無双(優勝)
 ▽2位
 ▽3位
 ▽デザイン賞