ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市の「上田染谷丘高校」の生徒が「神川小学校」の児童と合同で「大きな書道作品の制作」に挑戦!

テーマ:上田市ニュース

【5年生に書道を指導する高校生(左)】
【書道パフォーマンスを披露】

 上田市上田、上田染谷丘高校の2年生4人が28日、同市国分の市立神川小学校5年生76人と合同で「大きな書道作品の制作」に挑戦した。
 同高校の4人は、探究学習で「書道でたくさんの人を笑顔にしたい」ーと、活動している

 1組の教室では卒業を迎える6年生のために児童25人が作った詩「輝く未来へ」を高校生の指導で、児童が半紙に1字ずつ書いた。

 半紙は5年生全員の手形を色とりどりに押した縦3m、横5mの紙に貼り付けた。
高校生がタイトルを書き入れて3月7日に開く「卒業を祝う会」で披露する予定だ。

 児童は1人ひとりに割り振られた字を半紙に清書。

 高校生は「自分の字を大事にして太く、大きく書いて下さい」と呼びかけた。

 「き」の字を書いた小宮山伊織さんは高校生に「めっちゃ、うまいじゃん」とほめられて「緊張したけどすごく楽しい」と満足げ。

 「努」の字を書いた平林月姫(ゆえ)さんは「濃くて、太くて、いい感じと言われたし、自分でもうまく書けたと思う。6年生には中学に行っても頑張ってほしいです」と話していた。

 同高2年生の探究活動は120のプロジェクトを展開。
 同小を訪れた田森咲鳴(さきな)さんと小林真奈さん、吉池美桜さん、大屋陽希さんは全員が書道班に所属しており「書道の力で地域を元気に」と活動している。

 体育館では。4人が書道パフォーマンスを披露。
 「卒業を祝う会」で、5年生が歌う「蝶が海峡を渡る」の歌詞の一部を書いた。
 この日の授業は、市中央公民館がコーディネートした。

 田森さんは「筆圧や墨の濃さなどに思いを乗せられるのが書道の魅力。5年生はのびのびと力強く書いてくれたので、きっと6年生にも気持ちが伝わるはず。きょうはわたしたちにとって特別な経験になりました」と話した。