ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

長野県内最大級となる30畳の「大凧揚げ」に挑戦! ★上田市の「信州上田香風会」。

テーマ:上田市ニュース

【県内最大級の30畳の大凧】
【大凧揚げの挑戦】
【子どもたちによる6畳の凧揚げ】

 上田市の信州上田香風会はこのほど、半過グラウンド周辺で「長野県内最大級」となる”30畳の大凧揚げ”に、挑戦した。

 同会は「日本の凧の会」会員。
 代表は同市の髙峯修治さん(60)。
 昨年、秋に大凧上げの計画を立て、同級生らの協力を得て大凧制作を行い、今年7月に凧が完成した。

 凧の大きさは、縦8m横6mで、重さは45㎏以上。
 柄は、凧作りに協力してくれた人への気持ちを込め「感謝」の文字を大きくあしらった。

 この日は、午前中から会場で打ち合わせや組み立て作業。
6畳の凧揚げによる状況確認などを行い、正午すぎに大凧揚げを行うスケジュール。
地元太鼓団体の演奏や祝砲も手配した。

 しかし、風が弱いなど条件が悪く難航。
会場に集まった大人約20人で綱を引き、2回の大凧揚げに挑戦したが、2回とも揚がらなかった。
 その後は、会場の子どもたちが6畳の凧揚げに挑戦して楽しんだ。

 髙峯さんは約30年にわたり、300枚の凧を作ってきた。
 別団体名義での活動も含めると、8畳、12畳、18畳といったサイズの大凧揚げに成功している。

 今回の30畳大凧揚げには、自身の凧作りに区切りをつける考えを持って挑戦。
同級生ら多くの協力者と共に準備を進めてきたという。

 今回の大凧揚げについて「揚がらなかったのは残念だが、自然が相手なのでしょうがない。今回で凧は区切りと考えていたので、揚がる姿を見たかった。再度挑戦するかどうかは、みんなと相談して検討する」。
 凧揚げの魅力について「ものづくりの楽しさがある。自分で作った凧が、風を受けて青空に揚がる。それを眺めるのは気持ちがいい」と話していた。