ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市の作曲家で歌手の宮下賢さん、が「デビュー30周年を迎える」!★記念コンサートを開く!「チャリティーカラオケコンサート」25周年を記念し同時開催。

テーマ:上田市ニュース

◆宮下さんのステージ

◆宮下さんの一人娘、知恵さんのサプライズ

【ハン・ジナさんの熱唱】

◆チャリティーコンサート

【樋沢恵さん】
【稲葉淑子さん】
【小林孝男さん】
【小林聖子さん】

 上田市を拠点に活動する作曲家で歌手の宮下賢さんが、今年「デビュー30周年」を迎え、15日「記念コンサート」を、同市材木町の上田文化会館で開いた。

 主宰する歌謡教室の生徒や、仲間の歌唱愛好者らが出演する年1回秋恒例の「チャリティーカラオケコンサート」も今年25周年を記念し、同時開催した。
 主催は活動応援者ら有志でつくる実行委員会(若林邦彦委員長)。

 チャリティーコンサートで集まった資金は、車椅子など必要品にして市内の高齢者福祉施設などに贈る。

 市内外から73人が参加のカラオケコンサートを皮切りに、宮下さんのステージではカバー曲や代表曲「流れゆく時季よ」などを生演奏。
 歌手のハン・ジナさんも祝福に訪れ歌唱し盛り上がった。

 宮下さんの一人娘で東京都在住の知恵さんが登壇。
 父へのエールや音楽仲間らへの感謝を述べる”サプライズ”もあった。

 宮下さんは「気がつけば30年の活動という感じだが、多くの人の支えと応援によりやってこれたことに感謝している。できる限り音楽活動を続けていきたい」と話した。