ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

「日本遺産商品造成セミナー&ワークショップ」(12月13日まで) ★上田市日本遺産推進協議会

テーマ:上田市ニュース

【講演する黒田さん】

 上田市日本遺産推進協議会は「日本遺産商品造成セミナー&ワークショップ」を、11月24日から12月13日まで全3回開いている。
 国から認定されている「日本遺産の一層」の活用のため。

 上田市の日本遺産「レイラインがつなぐ『太陽と大地の聖地』~龍と生きるまち 信州上田・塩田平~」に関連した商品は、菓子や酒類、雑貨からツアーまで展開され、専用のウェブサイトで紹介されている。
 さらなる商品づくりや機運の醸成を進めようと今回のセミナーを企画。
 国の補助を活用し、近畿日本ツーリスト㈱長野支店が事務局でセミナーを企画。

 初回の24日は塩田の里交流館・とっこ館で開き、上田市内外から参加者が集まった。

 事務局の分析では、上田市の日本遺産について、市内で認定されていることについての認知度は高まっている。
しかし、その内容となる「ストーリーの内容の認知度」は、広まっていない。
ストーリーが認知されていないことで、商業的なコンテンツとして積極的に活用されていない―とした。

 今後、経済活動として定着するため、ストーリーの認知度を高めるため、ストーリーに主人公を登場させた短編小説化や映像化を進め、現地に訪れてみたくなる仕掛けづくりを行っているとした。

 セミナーでは「上田市日本遺産の推進を取り巻く現状と、これからの可能性」として、日本遺産普及協会の黒田尚嗣監事が講演。

★日本遺産による誘客では
 ・何度も訪れるコアな旅行客がつく傾向にあること。
 ・現在の旅行スタイルは個人で個室の宿泊対応が求められるケースが高いこと。
 ・土産品は地元のものを工夫することなどーを分かりやすく語った。

 商品テーマやコンセプトを考えるワークショップは「ムーブネクスト㈱」の五藤幹也社長が講師で行った。