ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市ことぶき大学が「中央公民館校」と「城南公民館校」の合同クラブ活動発表会を開く!

テーマ:上田市ニュース

【中央公民館校のニュースポーツクラブが実技を交えて競技を紹介】
【展示発表会場に並ぶ手芸や俳画の作品】
【カラオケ】
【ダンス】

 上田市ことぶき大学は、このほど市上田文化会館で「中央公民館校」と「城南公民館校」の合同クラブ活動発表会を開いた。
 両校で活動する8クラブの153人がステージ発表や作品展示で活動の成果を披露した。
 「新型コロナウイルス感染症拡大防止」のため開催を見合わせており、4年ぶりに開いた。

 開会式では、城南公民館校学生会長で同市浦野の中澤清人さん(83が開会を宣言。
 中央公民館校学生会長で同市芳田の坂井久男さん(76)が「先生方に感謝し、日ごろの成果を思い切りはじけさせて楽しみましょう」とあいさつ。
 参加者全員で「エイエイオー」と気勢を上げた。

 ニュースポーツクラブは「スポーツは楽しい!楽しくなければスポーツではない」のモットーを掲げ、城南公民館校の23人は会場を巻き込んでラジオ体操第1を披露。

 中央公民館校の20人は、シャッフルボードやスマイルボウリングなどのプレー方法やルールなどをビデオ映像と実技で紹介。

 モルックについては「年齢や運動神経に関わらず誰でもできるが、頭脳プレーを必要とするので認知症予防にもなります」などと説明した。

 同校クラブ長で3年で同市上野の久保村直子さん「ニュースポーツの面白さを決められた時間内で伝えられるよう工夫した。きょうは満足の出来です」。

 講師で同市天神1の猪飼憲二さん(78)は「体を動かしながら考えるスポーツは脳を活性化する。スポーツに長く親しめば、健康で生きる力を蓄えることができます」と力を込める。

 ステージでは、ほかにカラオケやダンス、うたごえ、民謡クラブが発表し、書道や俳画、手芸クラブは作品を展示した。