ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市高齢者学園が「3学年合同クラブ発表会」を開く!

テーマ:上田市ニュース

【健康体力づくりクラブが元気よく「信濃の国上田健幸体操」】
【童謡唱歌・愛唱歌クラブ1年の「青い山脈」】
【書道クラブの作品】

 上田市高齢者学園は、このほど「3学年合同クラブ発表会」を、同市天神3の上田市サントミューゼ小ホールで開いた。

 以前は活動拠点の市高齢者福祉センターで開催していたが、昨年から同ホールに会場を移した。
 学園生97人は「晴れの大舞台」で日ごろの活動の成果を発表した。

 発表会では、スポーツ吹矢、童謡唱歌・愛唱歌、健康体力づくり、詩吟、フラダンスの5クラブがステージ発表。
 川柳と書道クラブが多目的ルームに作品を展示した。

 童謡唱歌・愛唱歌クラブは学年ごとに全10曲を合唱。
 1年生の7人はバトンを持ってにぎやかに「青い山脈」を歌った。
 3年で、上田市中丸子の永井久美子さん(73)は「設備が整った舞台で気持ち良く歌えた。みんな声が出ていて実力を発揮できました」と晴れ晴れとした表情。

 健康体力づくりクラブは3学年合同で「信濃の国上田健幸体操」を披露し、来場者も一緒に体を動かした。
 2年で、同市上田原の大井敏子さん(67)は「みんな仲良く楽しくやっている。普段は動かさないところを動かすと心身ともにリフレッシュする」。
 3年で、同市真田町長の山口ゆり子さん(78)は「頭の体操にもなり、クラブをやっているから若くいられます」と話していた。