ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

「アンダーアーマー菅平サニアパーク」「アンダーアーマー菅平アリーナ」が誕生! ★上田市の菅平高原。

テーマ:上田市ニュース

【新名称を掲げる北島CEO(左)と土屋市長】

 公共施設に企業名や商品名などの愛称をつける命名権・ネーミングライツで、上田市の2施設について、スポーツ用品で知られる「アンダーアーマー」の日本総代理店「㈱ドーム」(北島義典CEO、東京都)と上田市が「契約調印」した。
 施設は上田市菅平高原のポーツランド「サニアパーク菅平」と「菅平高原アリーナ」。

 今年4月から2施設は「アンダーアーマー菅平サニアパーク」「アンダーアーマー菅平アリーナ」となる。
 上田市と㈱ドームは、それぞれネーミングライツ契約は初。
 アンダーアーマーを冠する公共スポーツ施設も国内初。

 サニアパーク菅平は、面積18万5000㎡余。
 ラグビーの全国大会などが開かれ、令和元年の利用者は4万4200人余。

 菅平高原アリーナは、競技場やトレーニングルームなどを備え、令和元年の利用者は1万7300人余。
 今回の命名権料は2施設で、年1000万円の3年契約。
 施設の管理運営やサービス向上に活用する。

 契約調印を交わした北島CEOは「身の引き締まる思い。社会価値の創造という企業理念を掲げ、スポーツを通じて社会を豊かにしたい。創立以来25年、アスリートの悩みを解決しようと、アンダーアーマーブランドを日本に導入し、成長期から成熟期を迎えている。もう一段進化して成長するための大事な施策が、原点回帰によるチームスポーツの強化で、学生アスリートをサポートしたいと考えていたところ、ご縁をいただいた。スポーツ合宿の聖地でさまざまな活動ができ、ありがたい。上田市の地域づくりにも貢献したい」と語る。

 同社には菅平高原で汗を流した社員も多く、社内的にも今回の契約で盛り上がっているという。
 ネーミングライツパートナーとして、菅平を訪れるアスリートの支援を行い、イベントなども考えている。

 土屋陽一市長は「ネーミングライツ契約に向け、それぞれの思いを伝えながら進めてきた。大変ありがたい。大きなブランドで発信できる」と語った。市の別の施設でのネーミングライツについては「今回の契約は大きな挑戦。この結果を参考にし、さまざまな施設で考えたい」とした。