ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市介護保険運営協議会が「第9期 上田市高齢者福祉総合計画」の答申を行う!

テーマ:上田市ニュース

【土屋市長に答申を行った鳥羽会長(右)】

 上田市介護保険運営協議会(鳥羽泰之会長、15人)は、このほど「第9期 上田市高齢者福祉総合計画」の答申を、上田市役所で行った。
 同総合計画は高齢者福祉のための目標や施策を示す「高齢者福祉計画」と「介護保険事業計画」を一体化させたもの。

 計画の期間は令和6年度から8年度の3年間。
 協議会は昨年8月に諮問を受け、審議を重ねた。
 計画策定では「高齢者等実態調査(対象者2200人、回答者1140人)」「元気高齢者等実態調査(対象者1000人、回答者706人)」を行った。
 また、計画案に対する「パブリックコメント」を、昨年12月から先月まで行った。

 基本理念は、現行計画とほぼ同じの「ともに認め合い、支え合い、高齢者が自分らしくいきいきと生活できる地域共生社会の実現」。

 基本目標や各施策を示し、新規の施策では、介護者支援の中でヤングケアラーやビジネスケアラーに対する支援など。
 各事業に対して目標値が設定されており、高齢者地域サロンは50カ所から70カ所、配食サービスは5万1000食から5万4000食、介護予防サポーターは41人から50人ーなど。

 介護保険料については、基準月額を、これまでと同額の「5902円(年額7万800円)=本人が非課税で年金収入等が80万円超の第5段階の場合」。

 第1段階から3段階は減額。「6段階以上(13段階まで)対象の所得区分の金額幅が広がり、8段階以上などは増額=」に据え置くとした。

 答申で鳥羽会長は「5回にわたり慎重に審議した。高齢者人口がピークを迎える2040年を見据えて今後の取り組みを検討した。地域包括ケアシステムの構築を深化し、介護保険料については総合的に勘案した。引き続き各サービスが、必要とする方へ安定的に提供され、将来にわたって制度等の安定と、健全運営に努めて」とした。答申を受けた土屋陽一市長は審議に礼を述べて「答申を最大限尊重して計画を策定する」とした。

 今後は3月上田市議会定例会で提案し、議決で計画が決定となる。