ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市の「しおだっ子応援団」は「メッセージボード」と「パンジー」を塩田中学校に贈呈! ★「卒業生の飛躍を願う卒業祝い」

テーマ:上田市ニュース

【卒業祝いメッセージボードやパンジーの贈呈式】

 上田市の塩田中学校地域学校協働活動運営委員会「(通称)しおだっ子応援団」は、このほど「卒業生の飛躍を願う卒業祝い」のメッセージボードとパンジーを塩田中に贈呈した。

 メッセージボードは「エールの木」として、応援団メンバーらが花や葉を模ったメッセージカードに卒業祝いの言葉を書いて張った大きな寄せ書き。
 「新たなスタート 楽しく過ごして下さい」
 「夢に向かって自分の歩幅で着実に前へ進んでください!応援しています」など、さまざまなメッセージがある。
 パンジーは卒業式に合わせて、250鉢を種から栽培して咲かせた。

 校長室で行った贈呈式には、しおだっ子応援団の大口義明団長らや、卒業生で正副生徒会長を務めた小島佳奈さん、山寺李歩さん、関彗汰さんが出席。

 大口団長は「今年度はコロナが5類に移行して活動が以前のように活発にできた。塩田の皆さんで書いたエールの木、心を込めて贈りたい。卒業生の皆さんの力になってくれる言葉があると思う。応援を今後の生活に生かしてもらいたい。大きな夢を描き、塩田中学校出身に誇りをもって歩んでほしい」とあいさつ。

 受け取った卒業生は「大勢の方から卒業祝いとエールを贈ってもらい、高校に行っても一生懸命頑張ります」
 「たくさんのエールをいただいて嬉しい。今はこれからの高校生活に不安もあるが、たくさんのエールで楽しい高校生活にしたい」
 「エールの一枚一枚が後押ししてくれる。これからも頑張りたい」ーと、それぞれ礼を述べた。

 齋藤毅校長は「地域の皆さんの心温まるエールの木、心を込めて育てていただいたパンジーをいただき、卒業生が大きく羽ばたく励みになる」と語った。