ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

啓発活動「山火事予防パレード」が上田市街地で行われる! ◆長野県上田地域振興局や上田地域広域連合消防本部、東信森林管理署など

テーマ:上田市ニュース

【柳沢局長、堀池消防長らに見送られながら出発するパレードの車両】

 地域財産の森林を火事から守ろうと、長野県上田地域振興局や上田地域広域連合消防本部、東信森林管理署などは、啓発活動「山火事予防パレード」を、上田市街地で行った。

 毎年3月1日から7日に全国山火事予防運動が展開され、令和6年の統一標語は「忘れない 山の恵みと 火の始末」。

 長野県では他機関と連携し、1日から5月31日までの3か月間「春の山火事予防運動」を実施。
 令和5年の県内の山火事は27件、上田地域では3件だった。

 上田合同庁舎で開いたパレード出発式では、柳沢由里上田地域振興局長が「春先は山火事が発生しやすい。昨年は4月に上田市と青木村で発生した。いったん発生すると延焼しやすく、消火が困難。パレードで呼びかけ、地域の財産である森林を守りたい」。

 上田広域消防本部の堀池正博消防長が「昨年管内で発生した火災64件、そのうちたき火は22件。3件の山火事でたき火は2件。山林付近の田畑でのたき火をしている方には直接指導するなど、広報、パトロールを強化して山火事予防に努めている」とそれぞれあいさつ。

 集まった20人ほどが消防車両など10台に乗車してパレードに出発した。

◆県では山火事防止のため
 ▽枯れ草など火災の起こりやすい場所ではたき火や火入れをしない
 ▽火気の取り扱い時にはその場を離れず完全に消火する
 ▽風の強い時や空気が乾燥している時はたき火や火入れをしない
 ▽たばこの吸い殻は必ず消火し、投げ捨てないーと呼びかけている。