ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市が「男女共同参画推進事業者表彰式」を開く!

テーマ:上田市ニュース

【表彰式の参加者】

 上田市は男女共同参画推進事業者表彰式を、市役所で開いた。

 表彰を受けたのは
 ・同市蒼久保の「(株)地元カンパニー」。
 ・同市蒼久保に上田工場を置く「東京精電(株)」=本社・東京都=。
 ・同市別所温泉の「(株)花屋ホテル」ー
 
 市は男女共同参画推進条例に基づく規定により、平成16年度から「男女共同参画の推進に関する取り組みを積極的に行っている事業者」を表彰している。
昨年度までに72の自治会や法人などが受賞した。
 今年度は、応募があった3団体について、市男女共同参画推進委員会が聴き取り調査を実施して審議。
市長が表彰事業者と決定した。

 地元カンパニーは、起業11年目で社員の平均年齢は34歳。
 フルタイムや時短、リモートなど多様な就労形態を取り入れており、育休後の復帰率が高い。
 時間短縮勤務は子どもの年齢に制限がなく希望する期間での選択が可能。
 児玉光史代表取締役と一緒に参加した人事部長の渡邉真貴さんは「社内では女性だからという境界は感じたことはない。女性であることの優位性を認識した上で、これから入ってくる若いメンバーにもつなげていきたい」。

 東京精電はかつては男性中心で職人気質の強い職場だったが、女性の採用を積極的に進め2023年の女性比率は43%、係長以上の管理職の女性登用率も43%に。
 社内教育が充実しており、通信教育や外部講習の費用は会社が負担する。
 岩本千章・代表取締役社長は、品質保証部長の戸谷由佳さんと参加し「ありのままの姿でやってきたことを評価していただいた。男女区別なく、いいところを伸ばしてくれる社風でとても働きやすい」。

 花屋ホテルは、正社員の女性比率は54%で、女性管理職は70%。
 昇級は試験によって決めるため男女の差はなく、給与体系も同じ。育児休暇制度の充実で育児中もフレキシブルな働き方ができる。
 女将の甲田泰子さんは「男女の隔たりなく仕事している。自社のことや上田の歴史、近隣の観光情報などについての試験を月に1回行い全社員が受けており、賞与や給料、役職に反映している」と話した。