ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市の長野県工科短期大学校が「入学式」2024を開く!

テーマ:上田市ニュース

【誓いの言葉を述べる入学生代表の関さん】
【入学を許可される入学生】
【半田校長の式辞】

  上田市下之郷の長野県工科短期大学校は8日、入学式を開いた。
 新入生73人を迎えた。

 半田志郎校長は式辞で「本校の実験、実習設備は素晴らしく、学科構成やカリキュラムがデジタル人材を育てるに最適。イノベーションを起こす人になってほしい。2年後には大きく成長し、新たな旅立ちができることを祈念する」と激励。

 入学生を代表してシステム制御学科で同市下之条の関陽輝さん(18)が「わたしたちは長野県工科短期大学校の学生であることに誇りを持ち、これからの学校生活を送っていく。理論と技術を融合したものづくりを目指し、長野県の産業技術の発展に貢献できる人材になれるよう日々、精進していきます」と誓いの言葉を述べた。

 在校生代表の機械システム学科2年で同市古里、原賢弥さん(19)は「皆さんは自分の意志で決めた道を歩み始めている。失敗しても得られたものがあれば立派な成果になる。大学生活を振り返った時、満足のいく2年間だったと思えるよう意欲的に励んで下さい」と歓迎した。

 入学生は機械システム学科16人。
 システム制御学科19人。
 情報エレクトロニクス学科18人。
 知能情報システム学科20人。
 うち女性は8人。
 出身地域は東信が33人、北信25人、中信8人、南信7人。