ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

上田市鹿教湯温泉で「氷灯ろう夢祈願」2024がスタート! ★期間は31日まで

テーマ:上田市ニュース

【五台橋など幻想的に彩る氷灯ろう】

◆西内小としての参加は最後の金管バンド

【温泉宿泊客子どもも参加した氷灯ろうの点灯。
「ついたかな?」】
【かけじいだよー】
【バル】
【階段映え】
【犬も楽しむ】
【五台橋映え】

 上田市鹿教湯温泉の鹿教湯温泉観光協会は、第26回「氷灯ろう夢祈願」を文殊堂や五台橋周辺で開催中。
 このほど、オープニングセレモニーを行った。
 期間は31日まで、氷灯ろうは毎日、午後4時半に点灯し、参加できる。
 「こたつバル」を行っている。

 オープニングセレモニーは鹿教湯温泉交流センターで、例年通り多くの来賓を招いて行った。
 恒例になっている西内小学校金管バンドの演奏では「来年度から丸子中央小学校と統合するため、このメンバーで演奏するのは最後。
 感謝を込めて精いっぱい演奏する」と児童からあいさつがあり「笑点のテーマ」。木曽義仲で盛り上がる丸子地域のためNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のメインテーマ。「聖者の行進」「宝島」を楽しい雰囲気でリズム良く演奏。
 アンコールで「銀河鉄道999(ゴダイゴ)」を披露して盛り上げた。

 点灯式は五台橋周辺で行い、氷灯ろうの場所に設置された絵馬かけに、さまざまな願いが書かれた絵馬を奉納。

 土屋陽一市長が氷灯ろうに灯をともすと、来賓らがずらりと並んだ灯ろうを次々に点灯させた。

 松本市から家族3世代4人で来た宿泊客は「イベントがちょうどあると聞いて参加した。近くで楽しめて子どもにも思い出になる」と喜び、子どもが点灯する様子を写真撮影していた。運動部の合宿で訪れた学生は「すごい、幻想的」と話し、仲間と点灯された氷灯ろうをバックに記念写真を撮っていた。

 来場者にはお汁粉のふるまいもあり、多くの人が寒い中でも温かいおてなしを味わっていた。

 こたつバルの運営開始を前にプレオープンも行い、こたつのある透明でドーム型のグランピングテント2基や、三角のテント1基が披露された。
 利用は要予約。
 1回の利用は70分。
 鍋やドリンクを選ぶ。
 期間は27日までの金曜と土曜のみ。
 
 問い合わせ(電話)0268・44・2331