ニュースの力で地域を良くする新聞社
東信ジャーナル

新聞購読のお申込みお問い合わせ

◇おことわり/催し等は新型コロナウイルス感染症対策のため中止または延期の場合がございますので主催者等にご確認ください。

物件見学会「こみけん。@真田見学会」(3月17日、3月26日・上田市真田町戸沢地区の2軒) ★活用アイデアを募る

テーマ:上田市ニュース

 上田市は、古民家を活用する専門家を招いて、真田町戸沢地区の2軒を対象に、活用アイデアを募る物件見学会「こみけん。@真田見学会」を3月17日と3月26日に開く。
 参加者は後日、プレゼンを行い、古民家を引き継いでもらう人を決めるイベント。
 参加無料。

 近年、古民家をカフェや宿泊施設などにする動きが高まっている。
上田市の「空き家バンク」に登録されている古民家への問い合わせも多く寄せられている。

 上田市には養蚕を行った大きな農家住宅が各地にある。
「地域のために有効に活用してもらい」という所有者の想いを引き継いでもらうため、市では利用したい希望者とのマッチングを行い、活用の際には支援する。

 見学会は、単に物件を見てもらうだけでなく、民泊の専門家をアドバイザーに迎えて行う。
 アドバイザーはAirbnb Japan(株)の谷口紀泰部長。
 (株)ゆたかな暮らしの仲介舎、石井工務店(株)も協力。

 対象の物件は812㎡の土地に「母屋(357㎡)」、土蔵、物置、井戸、駐車場、畑があるもの。
604㎡の土地に「母屋(310㎡)」、土蔵、物置、駐車場、畑がある。
 物件の写真と説明は「上田市移住定住サイト」に掲載している。
 https://www.city.ueda.nagano.jp/site/iju/

 見学会では、真田地域自治センターに集合、午後1時から真田地域や戸沢について紹介。
 徒歩で対象物件まで移動。
 午後2時から所有者や専門家ら一緒に見学。
 自治センターに戻り、午後4時から「ワークショップ」で活用のプランを検討する。

 その後、5月中旬ごろに活用プランを所有者らにプレゼンし、選考の後、活用する人を決定する。

 参加には事前申し込みが必要。
 申し込みは「上田市移住定住サイト」からの専用申し込みフォームで行う。
 https://www.city.ueda.nagano.jp/site/iju/

 問い合わせ(電話)0268・21・0061(住宅政策課空家対策係)